サイトメニュー

元の病気の治療を優先

女医

うつ病には様々な症状がありますがセックスができなくなるというものも代表的な症状です。自分の努力だけではどうすることもできないので、まずはうつ病の治療に専念し、ストレスのかからないような生活を送りましょう。

詳しく見る

一人では治せない病気

悩む成人女性

うつ病にかかってしまうと食欲不振や精力減退などの症状になり、セックスも出来ないことが考えられます。家族生活に悪影響をもたらすことになり、早めの改善が望まれます。病院へ通い、良い指導を受けることが良い治療方法になります。

詳しく見る

気力の減退は性欲の減退に

医者

うつ病は、気分の落ち込みや意欲、性欲の減退もあります。配偶者がいるのにセックスができないという状態は、家族関係にも大きく影響します。精神科や心療内科を受診する時には、電話予約をしてカウンセリングを受けることが重要です。

詳しく見る

性欲に問題があるなら

女医

病気が原因かも

うつ病になってしまうと、あらゆることのやる気がなくなってしまい、最後には生きる希望すら失ってしまうケースがあります。そこまで、深刻な症状が起きるこの病気は、パートナーとのセックスにも大きな影響を及ぼすことになります。まず、男女ともに、セックスという行為自体に興味がなくなり、明らかに性欲が減退してしまうのが大きな特徴です。インターネットで行えるような、簡易的なうつ病チェックでも、性欲減退が質問項目にあるので、かなりポピュラーな症状だといえます。そして、男性の場合は性機能にも大きな悪影響が及ぶため、男性器が役に立たなくなるEDという厄介な状態になる可能性があります。うつ病による性機能の問題はED治療薬を使えば、解決することもありますが、男性器がしっかりと働いたとしても、意欲がないのならセックスは難しいでしょう。もしも、うつ病のせいでセックスができないと考えているのなら、『セックスができないこと』を解決するのではなく、『うつ病であること』を解決しなければいけません。そのためには、精神科や心療内科を訪れることが必要なので、近場の医療施設を探してみましょう。もちろん、いきなり夜の生活に問題があることを伝える必要はなく、心に不調があることを伝えても構いません。つらい症状が身体に起こっているのを伝える流れで、パートナーとの性行為が上手くいかない状況を伝えるとよいでしょう。精神科や心療内科のドクターならば、やる気を復活させた上で、男性ならば性機能も回復する手伝いをしてくれます。これまで普通に性生活を送っていたのに、いきなり拒否するようになったり、EDが起こったりするようになったのなら、パートナーの普段の生活にも注目してみましょう。そこで、暗い気持ちになったり落ち込んでいたりする様子が見られるのなら、うつ病を疑ったほうがよいです。その場合は、心に不調があるか尋ねてみて、あるというのなら、精神科や心療内科への通院を勧めましょう。ただし、精神科や心療内科というワードは、人によっては拒否反応を示すため、メンタルクリニック等の直接的ではない施設名を伝えたほうがよいかもしれません。なお、パートナーがうつ病かもしれないなら、どのようにサポートするかしっかりと考えましょう。もしも、本気で病気の回復の手助けをしたいと考えるなら、診察室の中まで付き添うことをおすすめします。一緒にドクターに相談をして、今後の治療方針も聞くようにすれば、これからサポートすべきことをきちんと把握できます。ただし、結婚をしていないパートナーの場合は、付き添いができないケースもあるため、診察を受けに行く前に確認しておきましょう。ちなみに、パートナーはセックスができる状態ではないため、そのことに関する質問はやめたほうがよいです。自分のせいでセックスができないというのは、負い目を感じてしまい、プレッシャーになってしまう可能性があるため、こちら側からアクションを起こしたりするのはやめたほうが無難です。パートナーのうつ病の症状がよくなってきて、セックスをしたいと考えてくれたなら、自身から相談をしてくれるでしょう。