サイトメニュー

元の病気の治療を優先

女医

一時的な症状

うつ病は現在の日本の中で患者数が増えていると言われている病気のひとつです。この病気は軽度のものから重度のものまでありますが、急激に症状が進むこともあり早めに治療することが大切だと考えられていますが、症状が進行すると治るまでに時間がかかると言う理由からです。またうつ病の症状は人に寄ってかなり差があり、同じ病気だったとしてもあらわれる症状が大きく違うことも珍しくありません。特にセックスについての症状は個人差が大きく人に話すことの少ないものなので、自分だけが抱えている症状だと心配になる人が多いようです。性欲がなくなりセックスができなくなるという症状は、この病気の中では珍しいものではなく多くの人が性に関する悩みを抱えています。軽度の症状の場合にはその日の体調によってセックスができたりできなかったりするのですが、重症になると全くセックスが行えなくなることもあります。どれだけ本人がやる気を出したとしても、病気の症状のひとつなのでセックスができないことがあります。この症状を解消するためには、精力剤を使ったり血流が良くなったりするような薬を使っても効果がないことがほとんどです。うつ病の症状のひとつとしてあらわれている時には、元になっている病気の治療をすすめることが必須です。精神の病気だったとしても体に症状が出ることは多いもので珍しいことではありません。しっかりと元の病気の治療をする以外に解決法はないので、まずはうつ病の治療に専念して再び充実した性生活が送れるように努力をしましょう。うつ病の症状としてセックスができなくなっている時には気持ちを焦らすようなことはしないのが原則です。特に真面目な性格の人の場合には病気の症状としてセックスができなくなったことがトラウマになり、治癒した後も精神的なストレスで性行為が行えない状態になることがあります。セックスは精神的な要素が大きく関わってきているので、性行為がストレスになってしまわないような配慮が必要です。誰でも性行為が満足に行えなくなることは大きな精神的なショックにつながります。この時に大切なことは、性行為ができなくなっているのは自分のせいではなく、病気の症状のひとつだという正しい知識をもつことです。一時的に症状が起きている時だけのことなので、病気が良くなれば元のように性行為を行うことができるようになります。ここで自信をなくしてしまうと、次にセックスをするチャンスがあった時にできなかった時のことが頭に浮かんで、性行為が行えないという状態になってしまうことがあります。こういった失敗を繰り返すことでますます自信がなくなり、性行為へのハードルが高くなってしまうので、考え過ぎないように心がけましょう。うつ病の症状で起きているものはEDなどと違って一時的な症状なので、いずれは元に戻すことができます。また自分の努力だけで治すことができるものではないので、今は性行為ができない時期なのだと大きな気持ちで過ごすようにしましょう。うつ病の治療は早めに始めることが重要で、セックスに関しても重度になってしまうと治るまでに時間がかかります。できるだけ早い段階で治療を開始しましょう。